HOME教会案内 > 沿革と略史

沿革と略史

■沿革
 千里丘教会は、改革長老派教会の伝統に立つ日本基督教団茨木教会(大阪府茨木市)の日曜学校として、吹田市千里丘の地に開設されたのがその始まりです。その後、茨木教会千里丘伝道所を経て同教団の千里丘教会として独立して現在に至っています。
 教会の会員数は約110名、礼拝出席数は約70名です。日曜日の主日礼拝と共に水曜日には祈祷会と聖書研究が旧現会堂午前と午後に行われています。 幼稚園児から高校生を対象とした教会学校が、日曜日の朝開校されており、一方、ボーイスカウトが吹田10団として活動しています。また、幼児を集めて絵本を読み聞かせる会「えほんのへや」が、婦人会の有志によって毎月の第1木曜日の午前に行われており、近隣のお母さん方に好評です。
 新しい会堂が1998年に与えられ、それを記念として毎年9月には、著名な音楽家を招いて、地域の方々を対象としたコンサートを行っています。また、クリスマスの燭火礼拝も地域の方々と共にお祝いします。 毎年11月の第2日曜日の午後に、教会バザーを開催しており、これは地元の方々にとって年中行事の一つとして定着し、多くの人々が来られます。 当教会は2007年に創立50周年を迎えました。記念誌の発行、教育館の活用などの企画検討しつつ、更なる発展を祈り願っております。
また、2009年3月には、23年間の千里丘教会の牧会を導いてこられた似田牧師がご隠退され、同年4月から五十嵐高博伝道師/五十嵐悦子伝道師のお二人をお迎えしました。

■略史
1950(S25) 日本基督教団茨木教会(奥山 茂牧師)により千里丘に日曜学校開校
1957(S32) 茨木教会千里丘伝道所を開設
1960(S35) 日本基督教団千里丘教会を設立、大井 尚牧師を招聘
1963(S38) 会堂(現教育館)完成、その献堂式
1965(S40) ボーイスカウト吹田第10団発足
1967(S42) 創立10周年記念礼拝を行い、「十年史」を発行
1971(S46) 大井 尚牧師転任に伴い安藤洋介牧師を招聘
1975(S50) 会堂(現教育館)の2階を増改築
1979(S54) パイプオルガンを設置
1986(S61) 安藤洋介牧師転任に伴い似田兼司牧師(前牧師)を招聘
1987(S62) 創立30周年記念礼拝、「創立30周年記念教会報」を発行
1997(H9)  創立40周年記念礼拝、「千里丘教会40年史」を発行
1998(H10) 新会堂(現会堂)が完成、献堂式(9/23)
1999(H11) 第1回千里丘教会コンサートを開催(毎年1回、現在に至る)
2002(H14) ホームページを開設
2004(H16) 創立50周年委員会を発足
2007(H19) 創立50周年記念行事
2008(H20) 創立50周年記念事業「千里丘教会50年史」刊行(2008.10.5)
2009(H21) 似田牧師隠退に伴い、五十嵐高博伝道師、五十嵐悦子伝道師を
         招聘
50年史