HOME

その他の行事

4教会合同キャロリング

2010年12月12日、JR千里丘駅東側、JR茨木駅西側歩道橋、マイカル茨木ジョイプラザで、茨木、茨木春日丘、茨木東、千里丘の4教会の有志で聖歌隊を結成し、クリスマス関連の讃美歌を披露しました。

■ 2010年の記録写真


JR千里丘駅東側?

JR千里丘駅東側?

JR茨木駅西側歩道橋?

JR茨木駅西側歩道橋?

マイカル茨木ジョイプラザ?

マイカル茨木ジョイプラザ?

マイカル茨木ジョイプラザ?

教会バザー

2017年11月12日(日)に晴天の下で午後12:30から15:00まで楽しく開催されました。


教会バザー2017

開場前よりお目当ての商品を目指して長い列ができていました

教育館はお目当ての商品を目指して開場前からすでに大勢の人が並んでいました



2017-11-12_0009w.jpg

新会堂玄関前の焼きいも(中身が詰まっていておいしかったですよ)



2017-11-12_0041w.jpg

新会堂玄関前のかんつり(賞品が豪華で多くの子どもたちがチャレンジしていました)



2017-11-12_0012w.jpg

新会堂1階はちみつ・梅干しコーナー



2017-11-12_0014w.jpg

教育館駐車場でのボーイスカウトによる綿菓子・ゲーム・古本市



2017-11-12_0024w.jpg

教育館1階での手芸品・献品コーナー



2017-11-12_0028w.jpg

教育館2階での献品コーナー



2017-11-12_0045w.jpg

新会堂でのえほんのへや



2017-11-12_0047w.jpg

橋本晶子さんによるオルガン演奏



2017-11-12_0051w.jpg

村田あかねさん・花さんによるによるピアノ連弾



2014年は11月9日(日)午後12:30から15:00まで楽しく開催されました。
バザー2014

2010年は11月14日(日)午後12:15から15:00まで楽しく開催されました。
2010-Bazzar
2009年は11月15日(日)午後に楽しく開催されました。


2009バザー




※2008年のにぎわい 会場前にすでに行列?

新会堂は開場前からすでに大勢の人が

会場前に行列?

教育館も開場前よりすでに長い行列ができました

ケーキ売り場はすでにお客様でいっぱい

ケーキ売り場はたちまちお客様でいっぱい

巻きずしコーナー

巻きずしコーナー

食堂・喫茶コーナーも満席でした

食堂・喫茶コーナーも満席でした

一階の売り場はお客様でいっぱい

一階の売り場はお客様でいっぱい

二階のコーナーも賑わっています

二階のコーナーも賑わっています

ミニコンサート:村田あかね姉のソプラノ独唱

ミニコンサート:村田あかね姉のソプラノ独唱

ミニコンサート:中村育子姉オルガン独奏

ミニコンサート:中村育子姉のオルガン独奏

えほんの部屋:久徳聖子姉のおはなし

えほんの部屋:久徳聖子姉のおはなし

えほんの部屋:福井信子姉のおはなし

えほんの部屋:福井信子姉のおはなし

えほんの部屋:こども達も熱心に聞いています

えほんの部屋:こども達も夢中になって聞いています

ボーイスカウト:綿アメコーナー

ボーイスカウト:綿菓子コーナー

ボーイスカウト:ゲームコーナー

ボーイスカウト:ゲームコーナー

ボーイスカウト:古本市

ボーイスカウト:古本市

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ ※2007年のにぎわい 開場前よりお目当ての商品を目指して長い列ができていました
20071112153407.jpg" target="_blank">手作りコーナー

手作りコーナー

古着やぬいぐるみ

古着やぬいぐるみ

手作りケーキ

手作りケーキもよく売れました

ボーイスカウトによるフリマ

ボーイスカウトによるフリーマーケット

綿菓子コーナー

綿菓子コーナーややきいものコーナーもありました

※2006年のにぎわい 教会バザー01

2006年のにぎわい1

教会バザー02

2006年のにぎわい2

教会バザー03

2006年のにぎわい3

教会コンサート

優れた演奏者により、教会音楽をはじめ、なじみ深いポピュラー音楽まで、教会堂を演奏会場にして企画開催されるコンサートで、地域住民の方々に楽しんでいただく事を目的としています。



2017年は9月17日(日)午後に、千里丘教会礼拝堂で開催いたしました。




2017 千里丘教会コンサート
「木 田 雅 子」~ヴァイオリン・コンサート~

9月17日(日)午後2時00分  千里丘教会礼拝堂
 ●入場整理券   1,000円 〔前売り 800円〕
 *お問合せ 06-6877-2338(千里丘教会)



2017教会コンサート

■出演者■
木 田 雅 子 : ヴァイオリン
河 内 仁 志 : ピアノ
■プログラム■
ヘンデル :ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ 第4番 二長調 op.1-13 (HWV371)
フランク :ヴァイオリンとピアノのためのソナタ イ長調
クライスラ- : 美しきロスマリン
         :中国の太鼓
ドビッシ-- :美しい夕暮れ
ドヴォルザーク:「4つのロマンチックな小品」op.75より第3曲   
サラサーテ :ツィゴイネルワイゼン op.20

★出演者プロフィール★
■木田雅子(きだ まさこ)ヴァイオリン

大阪音楽大学付属音楽高校、大阪音楽大学卒業。同大学院修了。 第29回全日本学生音楽コンクール高等学校の部全国第1位。 在学中の、1978年にデビューリサイタル開催、好評を博す。 以後、大阪フイルハーモニー交響楽団、テレマン室内管弦楽団、アルカ ディア室内管弦楽団をはじめ多くのオーケストラと共演。数多くのコン サートにおいて、ソリスト、アンサンブル奏者として活躍。さらに、TV、 FMなど放送の分野でも、多くの番組に出演。 H・シェリング、M・ロストロポーヴィッチ氏の来日時にレッスンを受け る。F・アーヨ日本公演では、コンサートミストレスを務める(ヴィバル デイ四季)。海外では、カナダ、アメリカ、ドイツ、オーストリアの他、 2005年には万博記念機構の助成事業「オーストラリア・コンサートツア ー」で総督公邸及びセント・ジョージ大聖堂に於いて好演し、好評を博 した。 また、神戸復興、三宅島救援、あしなが基金、ユニセフ基金、アフリカ 難民の子供たちの為のチャリティーコンサートなど社会に関わる音楽活 動を積極的に展開している。 2015年4月に初のCDアルバム「朝の歌」を発表し、好評を博す。2016年4 月にはその収益の一部を毎日新聞大阪社会事業団に寄付。 2017年3月、ナボリ音楽院に招聘されリサイタルを行い、好評を博す。
現在、大阪音楽大学特任教授、全日本学生音楽コンクール審査員、日本 弦楽指導者協会会員として後進の指導にも力を注いでいる。 関西音楽舞踏会議会員、神戸音楽家協会会員、東灘文化協会会員。

■河内仁志(かわうち さとし)ピアノ
兵庫県立西宮高等学校音楽科卒業。京都市立芸術大学音楽学部卒業。Ecole Normale musique de Parisにて研鑽を積む。
第8回兵庫県学生ピアノコンクール県大会D部門(中学生の部)最優秀賞、兵庫県知事賞受賞。第55回全日本学生音楽コンクール大阪大会ピアノ部門高校の部第1位、全国大会出場。第75回日本音楽コンクールピアノ部門第1位。併せて野村賞、井口賞、河合賞受賞。第12回モノーポリ国際ピアノコンクール(イタリア)第3位、聴衆賞受賞。大阪NHKホールにてN響メンバーと「新進演奏家の出会い“クラシック大好き!”」に出演。他にも東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、
NHK交響楽団、四芸祭オーケストラ、京都市交響楽団、Orchestra Sinfonica della Provincia di Bari、飯森範親、北原幸夫、
松尾葉子、増井信貴、佐藤俊太郎、Guiseppe La Malfa、井村誠貴各氏と共演。
東京、兵庫、大阪、京都の各地でリサイタルを行う。2008年社会福祉法人神戸社会福祉協議会より感謝状を授与される。
これまでに坂井千春、田隅靖子、坂本恵子、徳末悦子の各氏に師事。
神戸市混声合唱団専属ピアニスト、兵庫県立西宮高等学校音楽科、京都市立芸術大学非常勤講師。





2016年は9月25日(日)午後に、千里丘教会礼拝堂で開催いたしました。

教会コンサート2016

2016 千里丘教会コンサート
「当重 茜」~メゾ・ソプラノ~

9月25日(日)午後2時00分~  千里丘教会礼拝堂
 ●入場整理券   1,000円 〔前売り 800円〕
 *お問合せ 06-6877-2338(千里丘教会)

■出演者■
当 重  茜 :メゾ・ソプラノ
井 原 敏 行 :ピアノ
■主な演奏曲目■
古里の秋(水野源三/川口耕平)
ふるさと (高野辰之/岡野貞一)
椰子の実 (島崎藤村/大中寅二)
ふるさとを遠く離れて(カタラーニ「ワリー」より)
深い川 (黒人霊歌)
アメイジング・グレース(ジョン・ニュートン/アメリカ古謡)
詩篇第23篇 (ドビュシー「月の光」に乗せて)
アレルヤ(モーツァルト)
私は創造主なる神のか弱きはしためです (チレア「アドリア―ナ・ルクブルール」より)
ああ、天は開かれた (ヴェルディ「ナブッコ」より)
復活の生ける主を賛美しよう(マスカーニ「カヴァッレリーア・ルスティカーナ」より)
主の祈り(マロット)  他
お話しや馴染み深い曲もあり、お楽しみいただけます。

★出演者プロフィール★
■当重  茜(とうじゅうあかね)メゾ・ソプラノ
東京声専音楽学校本科卒業、同オペラ研究科修了。(財)日本オペラ振興会研究生修了。藤原歌劇団はじめ、数多くの公演に出演後、イタリア留学。1994年にはイタリア・コモ市のニューイヤーコンサートに出演、同年国際ロータリーGSEメンバーとして渡米、テキサス州の4市に於いて名誉市民の称号を得る。
主に東日本に於いて多数のコンサート、リサイタル、ディナーショウ、宗教曲のソリストとして舞台経験を積んだ後、1999年に関西に拠点を移し、クリスチャンとなって以降は、主に教会等でコンサートシンガーとして基盤を築きながら、諸団体の公演にも出演。
2007年、20年間在籍した藤原歌劇団を退団、フリーとなる。
浦野りせ子、G・ペルトゥ-ジ、マリオ・メラーニの各氏に声楽を師事。
(故)アントン・グァダーニョ氏よりドニゼッティのオペラレパートリーを師事。
NHK大阪文化センター「イタリアを歌おう」講師。
コンサート企画「リリカ・ヴィーヴァ」主宰。
単立藤井寺キリスト教会員。

■伊原敏行(いはらとしゆき)ピアノ
大阪音楽大学音楽学部ピアノ専修卒業、同専攻科修了。
ピアノを近藤達美、(故)金沢益孝の各氏に、伴奏法をルチアーノ・ベレンゴ氏に師事。
イタリアのミラノに2年間留学、主にイタリアオペラのコレペティトゥーアとしての研鑽を積む。帰国後は関西一円のオペラやオペレッタ公演の稽古ピアニストとして幅広く活躍する一方、各種コンサート、リサイタルやイヴェントでも多くの声楽家と共演、好評を博している。
2000年には「オペラは娯楽です」をモットーに上方オペラ工房を設立。
イタリアオペラに対する造詣は格別で、その曲造りや的確なサポートは多くのオペラ歌手たちから信頼され重宝されている。
上方オペラ工房世話役。NHK大阪文化センター「イタリアを歌おう」講師。
//




2015教会コンサート

2015 千里丘教会コンサート
「ハープ&サキソフォン」~魅惑のアンサンブル~

9月27日(日)午後2時00分~  千里丘教会礼拝堂
 ●入場整理券   1,000円 〔前売り 800円〕
 *お問合せ 06-6877-2338(千里丘教会)

■出演者■
内 田 奈 織:ハープ
西 本 淳 :サキソフォン
■主な演奏曲目■
オペラランメルモールのルチアより 
「ハープカデンツ」    ドニゼッティ作曲
「ROKUDAN」 黛敏郎作曲
「亡き王女の為のパヴァーヌ」 ラヴェル作曲
「ルーマニア民族舞曲」  バルトーク作曲
「月の光」          ドビュッシー作曲
「タンゴの歴史より・ボーデル1900」 ピアソラ作曲
「チャルダーシュ」     モンティ作曲
「アメイジンググレイス」バーシニア・ハーモニー
他に 「荒城の月」 「月の砂漠」等 
お話しや馴染み深い曲もあり、お楽しみいただけます。

★出演者プロフィール★
■内 田 奈 織 (ハープ)
京都府出身。東京藝術大学卒業。 海川佳代子、篠崎史子、フランスにてマリー・クレール・ジャメの各氏に師事。 青山音楽賞受賞、藤堂音楽賞、京都芸術祭京都府知事賞、京都府あけぼの賞他受賞。
大阪交響楽団、山形交響楽団、テレマン室内合奏団、京都フィルハーモニー室内合奏団他多くのオーケストラと協奏曲を演奏。大阪いずみホールのレジデントオーケストラ・いずみシンフォニエッタ大阪のメンバー。
京都府教育委員会の派遣事業講師に任命され、府下の多数の学校で講演活動を行う。また、関西盲導犬協会の会員として盲導犬育成の啓蒙活動にも心を注いでいる。 NHK総合「スタジオパークからこんにちは」、NHKラジオ深夜便他、テレビラジオへの出演も多い。 テイチクエンタテインメント、韓国SANTOKI MUSICよりCDを多数リリース。
■西 本  淳 (サキソフォン)
大阪音楽大学音楽学部器楽学科を首席で卒業。同大学院音楽研究科修士課程修了。ノナカ・サクソフォン・コンクール・クラシック部門第1位。第8回松方ホール音楽賞・選考委員奨励賞受賞。平成18年度坂井時忠音楽賞受賞。これまでに、東京シンフォニエッタ、いずみシンフォニエッタ、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団等と共演。また多くの在阪オーケストラの客演奏者を務めている。ブルーオーロラ・サクソフォンカルテットのテナー・サクソフォン奏者ならびに、日本ウインドアンサンブルの首席コンサートマスター、大阪音楽大学、相愛大学、武庫川女子大学講師。
//


.
2014Concert.jpg

2014 千里丘教会コンサート
「歌と古楽器で贈るバロック音楽のひととき」
   ~詩編、雅歌、哀歌~旧約聖書のうたを集めて~

9月21日(日)午後2時00分~  千里丘教会礼拝堂
 ●入場整理券   1,000円 〔前売り 800円〕
 *お問合せ 06-6877-2338(千里丘教会)

■出演者■
緋 田 芳 江:ソプラノ
大 内 山 薫:ヴァイオリン
笠 原 雅 仁:歌、ミュートコルネット、テオルボ
緋 田 吉 也:バス、アーチリュート
内 藤 謙 一:ヴィオラ・ダ・ガンバ

■主な演奏曲目■
「立って来なさい、私の愛しい人よ」G.P.Cima
「主は天から人の子等を見おろし」H.Schütz
「主を讃えよ」C.Monteverdi
「ヴァイオリンと通奏低音のためのチャッコーナ」A.Bertali 
「預言者エレミアの哀歌より聖水曜日の第一の哀歌」J.Rosenmüller
「預言者エレミアの哀歌より聖水曜日の第二の哀歌」F.Couperin ほか


 主に17世紀(バッハ、ヘンデルより前の時代です)に書かれた
 旧約聖書の詩編、雅歌、哀歌から歌詞を採った声楽作品と、
 ヨーロッパの舞曲などの器楽作品を様々な編成で演奏します。
お話や楽器の紹介を交えて、親しみやすいコンサートです。


★出演者プロフィール★
■緋田 芳江(ソプラノ )
神戸女学院大学音楽学部声楽専攻卒業、京都市立芸術大学大学院修士課程修了。’90年度関西フランス音楽コンクール声楽部門第1位。京都フランス音楽アカデミー、イタリア・ウルビーノ古楽講習会に参加。’91よりバッハ・コレギウム・ジャパンの声楽メンバーとしてJ.S.バッハ教会カンタータ全曲シリーズをはじめとする殆どの国内外の公演、録音に参加。バロックとフランス歌曲を主なレパートリーとして演奏活動を続けている。神戸いのりのとき合唱団、川西市民合唱団、エコー梅花、16&17世紀の宗教合唱曲を歌う会等の合唱指導者。神戸新聞文化センター講師。京都フランス歌曲協会会員。日本キリスト改革派神港教会会員。
■大内山 薫(バロックヴァイオリン)
兵庫県西宮市出身。京都市立芸術大学を経て同大学院を主席修了。大学院賞を受賞。その後博士課程にて学ぶ。京都フィルハーモニー室内合奏団のメンバーとして活躍後、オランダのデンハーグ王立音楽院古楽科に留学。寺神戸亮氏に師事し2009年ディプロマを取得。Festival de Saintes(仏)や福岡古楽音楽祭、北とぴあ国際音楽祭など国内外の古楽音楽祭、コンサート、録音、オペラ公演などに多数参加。また関西を拠点に自身のリサイタルシリーズや、サロンで聴くバロック音楽シリーズなど自主公演にも力を入れている。2011年より寺神戸亮氏とのデュオ『2つのヴァイオリンによるオペラ』公演を大阪、東京で行い好評を博す。現在、レ・ボレアード、クラシカル・プレイヤーズ東京、プリンチピヴェネツィアーニのメンバー。
■笠原 雅仁(歌、コルネット、リュート)
武蔵野音楽大学声楽科卒業。宮本昭太氏に師事。同音楽大学を卒業後は有村祐輔氏のもとで声楽、古典音楽理論を学ぶ。1998年渡英。ロンドン・英国王立音楽大学、大学院古楽科にてナイジェル・ロジャース、スティーブン・ロバーツの各氏に声楽を、ヤコブ・リンドべルイ氏にリュートを師事。その後、全額奨学金を得てトリニティー音楽大学、大学院古楽科にてさらに研究活動を進める。ブロウの「ヴィーナスとアドニス」のアドニス役や、モンテヴェルディの「聖母マリアの夕べの祈り」などのテノールのソリスト、特に2001年、コベントガーデン・ロイヤルオペラハウス、リンブリー・シアターでの“ミューズィカル・コンパス”公演のオペラ「ダイドーとエネアス」のエネアス役、同年、フランス、サレブール音楽祭での“アンサンブル・エリマ”公演のオペラ「オルフェオ」のオルフェオ役では好評を得るなど、在学中から活躍。2002年にコルネットを学ぶために仏国のパリ市立高等音楽院古楽科に入学し、ジャン・テュベリ氏に師事。2006年、フランス、アンブロネィ音楽祭主催のカヴァッリのオペラ「エルコーレ・アマンテ」の為に首席コルネット奏者として招待される。2007年にはモンテヴェルディの「オルフェオ」初演400周年記念演奏会の為、コルネット奏者としてメキシコに招待され、現地では初のオルフェオ上演に参加する他、同年夏に録音された“ラ・サラマンドル”のCD「NovaCasa」には歌手、コルネット、通奏低音奏者として参加。“アンサンブル・エリマ”、“カンパニー・オートルムズュール”など、フランス内外の主要なバロックオーケストラやアンサンブルなどと共演する他、RADIO FRANCE、ORF, BBC、テレビやCDの為の録音に参加。また、初期バロックのイタリア音楽を主なレパートリーとするグループ、“アンサンブル・プリンチピ・ヴェネツィアーニ”を主宰するなど、国内外で古楽の演奏活動、研究、および指導にあたっている。
■緋田 吉也(バス、リュート)
大阪音楽大学声楽科卒業。リュートを岡本一郎、佐野健二の各氏に師事。1986年より神戸松蔭チャペルで鈴木雅明氏の指導・指揮のもと宗教音楽を歌いつつ研鑚を積んだ。合唱団員として2009年までバッハ・コレギウム・ジャパンの国内外での演奏、CD録音等に参加した。1995年より18年の歳月をかけて行われた神戸松蔭女子学院大学チャペルでのJ.S.バッハ:教会カンタータ全曲録音では、全てのプロジェクトに立ち会い、「カンタータ料理」のシェフとして料理の腕を振るって演奏家たちをサポートした。また、アンサンブル・ヴォックス・フマーナのメンバーとして1999年より上田益氏作曲の神戸ルミナリエ演出録音に参加。神戸松蔭女子学院大学キリスト教センター専門職員。
■内藤 謙一(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
1961年岡山市生まれ。1984年京都市立芸術大学卒業、音楽学部賞受賞。神戸室内合奏団(現・神戸市室内合奏団)を経て現在、日本センチュリー交響楽団副首席コントラバス奏者。相愛大学非常勤講師、同志社女子大学嘱託講師。「なにわ≪オーケストラル≫ウィンズ」のメンバー。神戸バッハ・カンタータ・アンサンブル指揮者。
コントラバス奏者としてバッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカなどの団体で古楽の演奏、録音に多数参加したほか、近年は平尾雅子氏に師事し、ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者としても活動している。
//



s-consert 2013concert 2013_0001






2013 千里丘教会コンサート

9月22日(日)午後2時00分~  千里丘教会礼拝堂


■出演者■

◆アンサンブル千里丘◆
山上華子(スピネット)
松田淳一(ヴァイオリン)
米山 信(ピアノ)
畑 儀文(テノール)
城村奈都子(ピアノ)
鈴鹿隆之(シンセサイザー&アコーディオン)


■主な演奏曲目■
スピネットソロ
ラモー「メヌエット」
ラモー「ピグマリオン」
ヴィヴァルディーのマンドリン協奏曲(クレイマークレイマー)

かわいいかくれんぼ(サトウハチロー/中田喜直)
おはなしゆびさん(香山美子/湯山昭)
いちねんせいになったら(まどみちお/山本直純)
朝いちばんはやいのは(阪田寛夫/越部信義)
ドロップスのうた(まどみちお/大中恩)
おとなマーチ(阪田寛夫/大中恩)
サッちゃん(阪田寛夫/大中恩)

おおブレネリ(スイス民謡)
サンタルチア(ナポリ民謡)
ローレライ(フリードリッヒ ジルヒャー)
夢路より(フォスター)
NHK時報とお料理教室
ミッキーマウスマーチ(ジミー ドッド他)
オオ・スザンナ(フォスター)
ハッピーバースディー(ヒル姉妹)
のばら(ヴェルナー)
トッカータとフーガニ短調(バッハ)
讃美歌(曲番未定)
フランス風ワルツ(自作)、ドイツ風ワルツ(自作)

他 

■出演者プロフィール■


★山上華子(やまがみはなこ)スピネット
お茶ノ水女子大学文教育学部研究生修了。パリ国立音楽院教授A.ビブロフスキー氏、ウィーンにおいてA.イエンナー氏、H.ペーターマンドル氏に師事する。国内外のオーケストラや著名な演奏家との共演も多数。また室内楽の分野でも幅広く活躍。世界初オールギリングハムプログラム演奏会ピアノ奏者。CD録音多数。プロデューサーとしても数多くの公演をプロデュースする。大阪音楽大学音楽博物館、浜松市楽器博物館にて古典ピアノ演奏も手がけ小林道夫氏との共演は常に好評を得ている。藤井和子、遠藤一枝、故遠藤秀一郎、A.ビブロフスキー、小林道夫各氏に師事。

★松田 淳一(まつだ じゅんいち)・ヴァイオリン
大阪音楽大学大学院修了。リサイタル・室内楽コンサート・大阪チェンバーオーケストラコンサートマスターなどの活動後1985年渡欧。スイス、レンク・ベルギー、ブリュッセルで研修を積み、その間スペイン・ポレンサ国際フェスティバルオーケストラのコンサートマスターを務める。1987年ウィーンに渡りリサイタル開催後帰国し、演奏活動の傍ら大阪音楽大学で後進の指導も行っている。

★米山  信(よねやま しん)・ピアノ
大阪音楽大学ピアノ科卒業。同専攻科修了。同大学にて武田邦夫、ザルツブルク、モーツァルテウム音楽院においてエリカ・フリーザーに師事。現在、母校において後進の指導にあたっている。
吹田市交響楽団音楽監督および指揮者。

★畑 儀文(はたよしふみ)・テノール
兵庫県篠山市生まれ。大阪音楽大学大学院修了。
小林道夫の伴奏による初リサイタルを行う。以後ソリストとして、ペーター・ダム(ホルン)との共演、イエルク・デームス(ピアノ)ロジャー・ヴィニョールズ(ピアノ)との数多くのリサイタル等大きな成果を収めた。91年オランダ・アムステルダムで高名なバロック歌手マックス・ファン・エグモントのもとで研鑽を積む。以後オランダ各地で毎年受難週には、エヴァンゲリストとして招かれ、近年はドイツ・ライプツイヒにおいてバッハ作品のソロを務める。93~99年3月にかけシューベルト歌曲全曲演奏を成し遂げ、国内外で話題を集めた。日本コロムビアからCD「日本のうた」「新しい日本のうた」「トスティ歌曲集」「昭和のうた」「美しき水車小屋の娘」をリリースし、その天性の歌声はジャンルを問わず心に響く感動を呼び、注目を集めている。「大阪文化祭本賞」「咲くやこの花賞」「大阪府民劇場奨励賞」「坂井時忠音楽賞」「兵庫県芸術奨励賞」「兵庫県文化賞」等多数の賞を受賞。丹波の森国際音楽祭シューベルティアーデたんば音楽監督

★城村奈都子(しろむらなつこ)• ピアノ
武庫川女子大学音楽学部卒業後、同大学専攻科修了。卒業時に同大学新人演奏会に出演。
1999年関西フィルハーモニーと共演。2002年オーストリア•クレムスでの東西音楽祭に出演。2006年京都フランスアカデミーに参加し、室内楽をクリスチャンイヴァルディ氏に師事。在学中より丹波の森国際音楽祭シューベルティアーデたんばに毎年出演するなど、伴奏•室内楽の分野で活躍。また、絵本オペラカンパ二ー“おぺろん”のメンバーとして各地の小学校•幼稚園で公演するなど、アウトリーチにも力を注いでいる。これまでに、元吉明子、故井上直幸、ボリスベクテレフの各氏に師事。現在、武庫川女子大学音楽学部伴奏要員、同大学附属中学•高校非常勤講師。

★鈴鹿隆之(すずか たかゆき)
 医学博士。京都府立医科大学卒。同大学第二内科学教室助教として高血圧内分泌の研究に従事。平成6年6月、左京区田中大久保町に鈴鹿内科医院を開業。日本内科学会認定総合内科専門医、日本東洋医学会認定漢方専門医、京都府国保審査委員、日本バプテスト看護専門学校講師を務める。音楽作曲演奏を趣味とし、ピアノ、シンセサイザー、アコーディオンなどを演奏。各種施設での演奏活動をはじめ、自院のBGMや他病院のテーマ曲なども作曲。また、40年以上踏切警報機を研究し続け、踏切博士を自称。中学3年のときに等身大の警報機を完成したものが院内診察室にあり、列車車内放送風の診療案内アナウンスも制作。この取り組みは雑誌、ラジオ、テレビにも取り上げられた。




2012 concert
2012 千里丘教会コンサート
9月23日(日)午後1時30分~  千里丘教会礼拝堂
■出演者■
畑 儀文(テノール)
城村奈都子(ピアノ)
安田哲也(パイプオルガン)
◆アンサンブル千里丘◆
松田淳一(ヴァイオリン)
柳浦香澄(ヴァイオリン)
米山 信(ピアノ)
橋本佳子(箏) 


■主な演奏曲目■

G・カッチーニ 「アヴェ・マリア」
A・ドヴォルザーク 聖書の歌より 「主はわが牧者なり」
J・ウィルコックス 「主よ、われを器とならしめたまえ」
J・ラター 「ピエ イェズ」 他

越谷達之助 「初恋」
大中寅二 「椰子の実」
加羽沢美濃 「日々草」 他

なつかしい日本の歌~リクエストコーナー

M・ブルッフ「コル・ニドライ」
宮城道雄「春の海」
P・サラサーテ「ナヴァーラ」
他 


■出演者プロフィール■

★畑 儀文(はたよしふみ)・テノール
兵庫県篠山市生まれ。大阪音楽大学大学院修了。
小林道夫の伴奏による初リサイタルを行う。以後ソリストとして、ペーター・ダム(ホルン)との共演、イエルク・デームス(ピアノ)ロジャー・ヴィニョールズ(ピアノ)との数多くのリサイタル等大きな成果を収めた。91年オランダ・アムステルダムで高名なバロック歌手マックス・ファン・エグモントのもとで研鑽を積む。以後オランダ各地で毎年受難週には、エヴァンゲリストとして招かれ、近年はドイツ・ライプツイヒにおいてバッハ作品のソロを務める。93~99年3月にかけシューベルト歌曲全曲演奏を成し遂げ、国内外で話題を集めた。日本コロムビアからCD「日本のうた」「新しい日本のうた」「トスティ歌曲集」「昭和のうた」「美しき水車小屋の娘」をリリースし、その天性の歌声はジャンルを問わず心に響く感動を呼び、注目を集めている。「大阪文化祭本賞」「咲くやこの花賞」「大阪府民劇場奨励賞」「坂井時忠音楽賞」「兵庫県芸術奨励賞」「兵庫県文化賞」等多数の賞を受賞。丹波の森国際音楽祭シューベルティアーデたんば音楽監督

★城村奈都子(しろむらなつこ)• ピアノ
武庫川女子大学音楽学部卒業後、同大学専攻科修了。卒業時に同大学新人演奏会に出演。
1999年関西フィルハーモニーと共演。2002年オーストリア•クレムスでの東西音楽祭に出演。2006年京都フランスアカデミーに参加し、室内楽をクリスチャンイヴァルディ氏に師事。在学中より丹波の森国際音楽祭シューベルティアーデたんばに毎年出演するなど、伴奏•室内楽の分野で活躍。また、絵本オペラカンパ二ー“おぺろん”のメンバーとして各地の小学校•幼稚園で公演するなど、アウトリーチにも力を注いでいる。これまでに、元吉明子、故井上直幸、ボリスベクテレフの各氏に師事。現在、武庫川女子大学音楽学部伴奏要員、同大学附属中学•高校非常勤講師。

★安田 哲也(やすだてつや)・オルガン
同志社大学卒。オルガンを津田能人氏、太宰まり氏、フランス・ボーン氏、ゴードン・ターク氏に、リードオルガンを曽山一夫氏に師事。2003年度日本リードオルガン協会阪神大会記念リードオルガン・コンサートに出演。畑儀文氏出演の「フライブ!」(サンTV)にて、同氏の伴奏を担当する。また、2005年、06年、兵庫県立芸術文化センターにて行われたコンサート「畑 儀文 日本のうた」にて、リードオルガンでの同氏の伴奏を担当する。以後、同氏のオルガン伴奏を多く担当する。2010年、日本リードオルガン協会奈良大会にて、パプロ・エスカンデ氏作曲の「Fantasia 1」を初演する。日本基督教団東梅田教会奏楽者。神戸ユニオンチャーチ奏楽者。

★松田 淳一(まつだ じゅんいち)・ヴァイオリン
大阪音楽大学大学院修了。リサイタル・室内楽コンサート・大阪チェンバーオーケストラコンサートマスターなどの活動後1985年渡欧。スイス、レンク・ベルギー、ブリュッセルで研修を積み、その間スペイン・ポレンサ国際フェスティバルオーケストラのコンサートマスターを務める。1987年ウィーンに渡りリサイタル開催後帰国し、演奏活動の傍ら大阪音楽大学で後進の指導も行っている。

★柳浦香澄(やなぎうらかすみ)・ヴァイオリン
大阪音楽大学卒業。 帝塚山学院オーケストラ・コンサートミストレス
大阪音楽大学オーケストラ・コンサートミストレス
高安和子・稲垣美奈子・納庄麻里子・松田淳一の各氏に師事。

★橋本桂子(はしもとけいこ)・箏
 1994年 箏を始める
 2007年 三絃を始める
 2012年 (社)当道音楽会にて中授道の職格を取得

★米山  信(よねやま しん)・ピアノ
大阪音楽大学ピアノ科卒業。同専攻科修了。同大学にて武田邦夫、ザルツブルク、モーツァルテウム音楽院においてエリカ・フリーザーに師事。現在、母校において後進の指導にあたっている。
吹田市交響楽団音楽監督および指揮者。


//
2011年は9月25日(日)午後に、千里丘教会礼拝堂で開催いたしました。


2011 concert

2011 千里丘教会コンサート
9月25日(日)午後1時30分  千里丘教会礼拝堂
■出演者■
《混声合唱》 NO DAY BUT TODAY
(ピアノ伴奏) 渡邊つかさ
《三重奏》
◆ピアノトリオ千里丘◆
松田淳一(ヴァイオリン)
松浦伸吾(バンドネオン/サキソフォン他)
米山 信(ピアノ)


■主な演奏曲目■
《混声合唱》
「メサイヤ」より“ハレルヤコーラス” ヘンデル
「マニフィカート」より“1マニフィカート” ジョン・ラター
翼をください 作詞:山上路夫、作曲・編曲:村井邦彦


《三重奏》
G線上のアリア J.S.バッハ
おくりびとのテーマ 久石譲
「思い出ポロポロ」より"愛は花、君はその種子” 
 日本語訳詞/高畑 勲  作詞・作曲 /アマンダ・マックブルーム


■出演者プロフィール■
★《混声合唱》 NO DAY BUT TODAY

2011年3月、東日本大震災の復興支援として各地でチャリティー コンサートを行う事を目的とし、関西で活躍する若手音楽家を中心に結 成。メンバーはピアニスト・クラシック声楽家・作曲家・オーケストラの管 弦打楽器奏者をはじめ、ジャズプレイヤー・ポピュラーミュージックプレイヤー・音楽教育者などで構成され、日頃からメンバーは各専門分野 で活動し、音楽産業を支えている。「関西に住む我々にでもできる事は有る」を活動理念とし、コンサート毎に編成を考え、各自の専門分野を活かし、より良い演奏をお届けする べく、関西を中心に活動中。
(No day but today→今日だけを※今日という一日を大切に。By メンバー一同。)

★渡邊つかさ(わたなべつかさ)
大阪音楽大学短期大学部卒業。2005, 2007年、N.Y.にて、重松みか氏プロデュース「The Summer Program」にピアニストと して参加。演奏会形式ミュージカル『Les Miserables』でオーケストラと共演。ミュージカル『RENT』,『Les Miserables』の音楽監督を務め、好評を博す。2010年には初のソ ロリサイタルを開催。卒業後に結成したピアノ連弾ユニット「Shine」では、毎年演奏会を開催。また、オペラ、ミュージカル、楽器の伴奏者として東京、大阪を中心に活躍中。
横井富子、栢野晴子、田中紀子、Rimothy Longの各氏に師事。

★松田 淳一(まつだ じゅんいち)
ヴァイオリン 大阪音楽大学大学院修了。リサイタル・室内楽コンサート・大阪チェンバーオーケストラコンサートマスターなどの活動後1985年渡欧。スイス、レンク・ベルギー、ブリュッセルで研修を積み、その間スペイン・ポレンサ国際フェスティバルオーケストラのコンサートマスターを務める。1987年ウィーンに渡りリサイタル開催後帰国し、演奏活動の傍ら大阪音楽大学で後進の指導も行っている。

★松浦 伸吾(まつうら しんご)
バンドネオン/作曲家・音楽家。 大阪音楽大学大学院音楽研究科作曲専攻修了。作曲を近藤圭、作曲とピアノを久保洋子、サクソフォンを篠原康浩、バ ンドネオンを門奈紀生、N・マルコーニの各氏に師事。2003年度全日本吹奏楽コンクール課題曲作品公募入選。第71回日本音楽コンクール作曲部門(オーケストラ作品)第二位入賞。第3回シートマイヤー国際チェレスタ作曲コンクール入賞。2005年秋〜2007年夏、財団法人ロームミュージックファンデーション音楽特別在外研究生として世界30ヶ国以上を遍歴。2009年6月、松浦とテノール歌手の田中良和が中心となって「泡沫(うたかた)会」を発足。代表を務める。新しい日本語のうたの創作、既存のうたの紹介、うたと日本芸術の併置による空間デザイン等の活動を行う。 2010年4月より、東京在住の音響技師・田中亘との共同主宰で「Sound Commucation Factory」のプロジェクトを開始。二人が共通して持っていた「演奏は誰のものか?」という問いのもと、ワイングラス、コップ等を含む数々の楽器を使用した、聴衆参加型即興演奏プログラムを展開。 大阪音楽大学音楽博物館研究技術員。能勢人形浄瑠璃鹿角座義太夫三味線弾き。

★米山 信(よねやま しん)
ピアノ/指揮 大阪音楽大学ピアノ科卒業。同専攻科修了。同大学にて武田邦夫、ザルツブルク、モーツァルテウム音楽院においてエリカ・フリーザーに師事。現在、母校において後進の指導にあたっている。 吹田市交響楽団音楽監督および指揮者。


2010年は9月26日(日)午後、千里丘教会礼拝堂で開催いたしました。教会コンサート2010


2010 千里丘教会コンサート

9月26日(日)午後1時30分  千里丘教会礼拝堂
■出演者■
《テノール独唱》 小餅谷哲男(テノール) 越坂ゆかり(ピアノ伴奏) 《四重奏》
◆アンサンブル千里丘◆
納庄麻里子(ヴァイオリン) 松田淳一(ヴィオラ) 松浦伸吾(バンドネオン他) 米山 信(ピアノ)

■主な演奏曲目■
「貧しき信徒」(松村禎三曲、八木重吉詩)
霧がふる・ひびくたましい・風が鳴る・間奏曲・石・きりすとをおもいたい・天というもの・秋のひかり  歌劇「沈黙」(松村禎三 作曲・台本、遠藤周作 原作)より
”山上のアリア” ”我ら滅びと悪とを” ・アダージョ(アルビノーニ作曲) ・ヴァイオリンとヴィオラのためのコンチェルタンテ(モーツァルト作曲) ・力車/南部俵積み唄(貴志康一 作曲)  ほか

■出演者プロフィール■
★小餅谷 哲男(こもちや てつお)
テノール 大阪音楽大学首席卒業、同大学院オペラ研究室修了。その後ミラノ・国立ヴェルディ音楽院、またアカデミア・ヴェルディアーナではカルロ・ベルゴンツィのもとで研鑚を重ねた。「椿姫」、「トスカ」、「アイーダ」、「カルメン」、「愛の妙薬」、などこれまでに約70公演のオペラに主演、いずれも好評を博した。また宗教曲やベートーベンの「第九」のソリストとしての出演も多く、曲への理解力も含め評価が高い。96年にはポーランド第35回モニュシュコ・フェスティバルに招聘され、ポーランドの国民オペラ「ハルカ」(モニュシュコ作曲)に初の日本人テノールとして主演する等海外での活躍もめざましい。’02年カラフ役で主演した「トゥーランドット」(ブゾーニ作曲)が音楽クリティック・クラブ賞、大阪文化祭賞を受賞。’03年、ロドリーゴ役で主演した「沈黙」が、音楽クリティック・クラブ賞、大阪文化祭賞グランプリを受賞。そして’05年新国立劇場、カレッジ・オペラハウスで「沈黙」が再演され、文化庁芸術祭大賞を受賞した。2012年2月新国立劇場主催の「沈黙」に出演予定。第3回新人音楽コンクール第1位、第25回イタリア声楽コンコルソ テノール特賞、大阪府芸術劇場奨励新人賞受賞。現在、関西二期会会員、関西歌曲研究会会員、大阪音楽大学講師。
★越坂 ゆかり(おっさか ゆかり)
ピアノ 大阪音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。同大学院ピアノ研究室修了。 イタリアのミラノに留学し、ピアノソロ演奏とオペラ伴奏の研鑚を積む。オペラの伴奏では、往年の名ソプラノ:マグダ・オリベーロ女史の特別コースや、マネージメント“ジャンナ・ガッリ”で歌手たちの伴奏ピアニストとして活躍する。一方、ソロ演奏では、現在世界各地で活躍中のピアニスト、ブルーノ・カニーノ氏に師事し、ブレーシャ市でシーズン開幕日に日本人として初のリサイタルを開催した。ソロピアニスト、また、伴奏ピアニスト(関西歌劇団、ザ・カレッジ・オペラハウス等)として活躍中である。ブルーノ・カニーノ、平井丈二郎、松浦豊明、故 安川加寿子、笹治子、松井克之の各氏に師事し、またアンリ・ゴーティエ、エリアーヌ・リシュパン、クラウス・シルデ、ピエール・バルビゼ、コンスタンチン・ガネビの各氏の指導も受ける。 現在、大阪キリスト教短期大学講師、梅花女子大学講師、千里金蘭大学講師。
★納庄 麻里子(のうしょう まりこ)
ヴァイオリン 大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コース卒業、同大学院修了。第5回熊楠の里音楽コンクール第1位。これまでモーツァルト室内管弦楽団、大阪チェンバーオーケストラ、吹田市交響楽団と共演。ソリスト、アンサンブル、オーケストラなどにて、数多くの演奏会に出演し、幅広く活動中。08年にはフランスでの演奏会を開催。奈良、広島、大阪ではゲミュートリッヒアンサンブルを数年に渡り定期的に開催中。これまで、真田和子、松田淳一、稲垣美奈子、稲垣琢磨の各氏に師事。現在、ゲミュートリッヒミュージックアカデミー主宰。 関西室内楽協会会員。大阪芸術大学演奏要員。帝塚山学院高等学校講師。
★松田 淳一(まつだ じゅんいち)
ヴィオラ 大阪音楽大学大学院修了。リサイタル・室内楽コンサート・大阪チェンバーオーケストラコンサートマスターなどの活動後1985年渡欧。スイス、レンク・ベルギー、ブリュッセルで研修を積み、その間スペイン・ポレンサ国際フェスティバルオーケストラのコンサートマスターを務める。1987年ウィーンに渡りリサイタル開催後帰国し、演奏活動の傍ら大阪音楽大学で後進の指導も行っている。
★松浦 伸吾(まつうら しんご)
バンドネオン/作曲家・音楽家。 大阪音楽大学大学院音楽研究科作曲専攻修了。作曲を近藤圭、作曲とピアノを久保洋子、サクソフォンを篠原康浩、バ ンドネオンを門奈紀生、N・マルコーニの各氏に師事。2003年度全日本吹奏楽コンクール課題曲作品公募入選。第71回日本音楽コンクール作曲部門(オーケストラ作品)第二位入賞。第3回シートマイヤー国際チェレスタ作曲コンクール入賞。2005年秋〜2007年夏、財団法人ロームミュージックファンデーション音楽特別在外研究生として世界30ヶ国以上を遍歴。2009年6月、松浦とテノール歌手の田中良和が中心となって「泡沫(うたかた)会」を発足。代表を務める。新しい日本語のうたの創作、既存のうたの紹介、うたと日本芸術の併置による空間デザイン等の活動を行う。 2010年4月より、東京在住の音響技師・田中亘との共同主宰で「Sound Commucation Factory」のプロジェクトを開始。二人が共通して持っていた「演奏は誰のものか?」という問いのもと、ワイングラス、コップ等を含む数々の楽器を使用した、聴衆参加型即興演奏プログラムを展開。 大阪音楽大学音楽博物館研究技術員。能勢人形浄瑠璃鹿角座義太夫三味線弾き。
★米山 信(よねやま しん)
ピアノ/指揮 大阪音楽大学ピアノ科卒業。同専攻科修了。同大学にて武田邦夫、ザルツブルク、モーツァルテウム音楽院においてエリカ・フリーザーに師事。現在、母校において後進の指導にあたっている。 吹田市交響楽団音楽監督および指揮者。 ******************************************************************************
2009年は9月27日(日)午後に開催いたしました。Concert2009
2009 千里丘教会コンサート

9月27日(日)午後1時30分  千里丘教会礼拝堂
■出演者■
《ソプラノ独唱》 ?谷公子(ソプラノ) 崔 理英(ピアノ伴奏)
《バス独唱》デニス・ビシュニャ(バス)崔 理英(ピアノ伴奏)
《オルガン独奏》 橋本晶子(パイプ・オルガン)
《ピアノ四重奏》 吉田真理子(フルート)松田淳一(ヴァイオリン) 後藤敏子(チェロ) 米山 信(ピアノ)

■主な演奏曲目■
「聖書歌曲集」より “主は私の羊飼い”(ドヴォルジャーク)
            “新しい歌をうたえ”(ドヴォルジャーク)
「私の祈りよ、届き給え」(チェスノコフ)
「キリストの復活」(ラフマニノフ)
「ロシア民謡」より“ステンカ・ラージン”“黒い瞳”  ほか
〜メンデルスゾーン生誕200年によせて〜
「無言歌集第30番op.62-6“春の歌”」
「プレリュードとフーガop.37」
〜アマデウス−神に愛された神童〜
交響曲K.16-1/フルートとハープのための協奏曲第2楽章/歌劇「魔笛」よりパパゲーノのアリア 他 W.A.モーツァルトの作品を集めて 楽しいステージ

■出演者プロフィール■
★?谷 公子(たかや きみこ)ソプラノ
京都市立音楽高校卒。東京藝大音楽学部声楽科卒業。キエフ国立チャイコフスキー音楽院を最優秀で卒業。
2001年より、ウクライナ・チェルニーゴフフィルハーモニーとの共演を重ねており、2005年2月にはマーラー交響曲第4番のソロを務める。2003年4月、キエフ市立歌劇場にて、チャイコフスキー「イオランタ」イオランタ役でオペラデビュー。2007年3月、ポール・ヴァン・グリック氏の合唱作品「スターバト・マーテル」のウクライナ初演ではソプラノソロを務め、同年6月、国際音楽祭「キエフ夏の音楽の夕べ」(キエフ野外劇場)にて同作品ソロを歌う。2007年11月、京都市・青山音楽記念館にてソロリサイタルを開催。
第5回チェコ音楽コンクール第一位。京都芸術祭奨励賞。平成18年度京都市芸術文化特別奨励者に認定。小室彰子、正木真理、日比啓子、D.ペトリネンコの各氏に師事。
★デニス・ビシュニャ(ДЕНИС ВИШНЯ)
バリトン キエフ国立チャイコフスキー音楽院声楽科卒業。
2000年、「New Names Competition」(ウクライナ)第一位。2005年からキエフ市立歌劇場のソリストとして、「エフゲニー・オネーギン」グレーミン公爵、ザレーツキー、「イオランタ」レネ王、ベルトラン、「アレコ」年老いたジプシー、「皇帝の花嫁」ソバーキン、「皇帝サルタンの物語」サルタン、「アイーダ」ランフィス、エジプト国王、「リゴレット」チェプラーノ伯爵などで出演している。バッハ「マニフィカート」、モーツァルト「レクイエム」、ロッシーニ「スターバト・マーテル」、ベートーベン「第九」等もレパートリーとしている。また、現代作曲家の作品を演奏する機会も多く、録音も行っている。ウクライナ国立交響楽団、国立室内管弦楽団、国立民族オーケストラ等と共演。ドイツ、ポーランド、オランダ、デンマーク、スウェーデン、フィンランド、スペイン、ロシア、スイスにて演奏会に出演。2008年より東京在住。藤原歌劇団団員。
★崔 理英(さい りえ)伴奏ピアノ
京都市出身。京都市立音楽高等学校、東京藝術大学音楽学部器楽科を経て、同大学院修士課程を修了。
第2回ショパン国際ピアノコンクールinASIA一般部門銀賞、第26回飯塚新人音楽コンクール大賞・文部科学大臣賞他3賞、第5回チェコ音楽コンクール最優秀共演者賞など受賞。平成19年度日本演奏連盟推薦新人オーディションに合格。関西でソロリサイタル開催のほか、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団など国内外のオーケストラと東京、京都、大阪、ウクライナで共演。伴奏や室内楽を含め幅広く活動を行っている。
これまでに丸山博子、種田直之、田中美鈴、多美智子の各氏に師事、M.ヴォスクレセンスキー、E.アシュケナージ、A.ピサレフほか各氏の指導を受ける。2006年より1年間ヤマハ音楽振興会音楽指導スタッフを務め、現在は京都市立音楽高等学校ピアノ科非常勤講師。日本演奏連盟、京都音楽家クラブ会員。
★橋本晶子
大阪音楽大学音楽部器楽学科オルガン科卒業、同大学専攻科修了。
G・フォーレ: レクイエムでブランデンブルグ交響楽団と競演、H・フォーゲル主催・北ドイツオルガンアカデミーに参加、コースの修了演奏会に出演。 2005年より千里丘教会コンサートに毎年連続で出演している。
★吉田真理子(よしだ まりこ)
フルート 東京芸術大学卒業、吉田雅夫、小泉剛の各氏に師事。
1991年より大阪府下のホテルにおいて、ピアノトリオ、弦楽四重奏などのゲストを迎えてサロンコンサート「ちょっと気楽な室内楽」を15年以上にわたり主宰。タイムリーなヒット曲やタンゴなど親しみある曲からコンチェルトやバッハ、モーツァルトの作品など、クラシックの楽しい解説と松田淳一氏による充実した編曲を中心に公演を続ける。三田屋本店でのライヴ演奏を担当したり、コンサートフラメンコギターの第一人者吉川二郎氏との公演に参加するなど多方面で活動。宝塚ミュージックリサーチ、ローゼンビートアカデミーなどでも講師を務める。
★松田淳一
大阪音楽大学大学院修了。
リサイタル・室内楽コンサート・大阪チェンバーオーケストラコンサートマスターなどの活動後1985年渡欧。スイス、レンク・ベルギー、ブリュッセルで研修を積み、その間スペイン・ポレンサ国際フェスティバルオーケストラのコン サートマスターを務める。1987年ウィーンに渡りリサイタル開催。
★後藤敏子
大阪音楽大学大学院修了。
1987年カナダ、ヴィクトリア音楽祭マスタークラス受講。ピアノトリオCD録音、国際交流基金派遣により ピアノカルテットで南米演奏旅行など室内楽活動を行う。松田淳一(Vn)、吉田真理子(Fl)らと共にコンサートホールだけでなく、サロンコンサートなど幅広く活動している。 ★米山 信 大阪音楽大学ピアノ科卒業。同専攻科修了。同大学にて武田邦夫、ザルツブルク、モーツァルテウム音楽院においてエリカ・フリーザーに師事。現在、母校において後進の指導にあたっている。吹田市交響楽団音楽監督および指揮者。

■2008年の記録写真■ aa

似田牧師の司会

2008教会コンサート?

上野洋子さん登場

2008教会コンサート?

上野洋子さんのお話し

上野洋子さん

上野洋子さん?

2008教会コンサート?

上野洋子さん?

2008教会コンサート?

橋本晶子さん?

2008教会コンサート?

橋本晶子さん?

2008教会コンサート?

ピアノトリオ(Piano米山信、Violin松田淳一、Cello後藤敏子 のみなさん)

2008教会コンサート?

出演者全員と聖歌隊も入ってモーツァルトK339を演奏

2008教会コンサート?

出演者全員で記念写真 米山先生右手の鈴は?

2008教会コンサート?

上野洋子さんと坂東如代さん

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■2007年の記録写真
ソプラノ独唱

緋田芳江さんのソプラノ独唱

オルガン独奏

橋本晶子さんのオルガン独奏

出演者全員でLaudate Dominum

出演者全員で“Laudate Dominum”を演奏。(聖歌隊も参加しました)

米山先生の解説とピアノトリオ演奏?

米山先生の解説とピアノトリオ演奏?

米山先生の解説とピアノトリオ演奏?

米山先生の解説とピアノトリオ演奏?

牧師先生を囲んで

似田牧師を囲んで出演者全員記念写真

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■2006年の記録写真教会コンサート01

2006年「教会コンサート」より 混声カルテット

教会コンサート02

2006年「教会コンサート」より 出演者の記念撮影

クリスマス

主イエス・キリストの誕生をお祝いします。クリスマスのクリスとは「キリスト」、マスとは「礼拝」のことで、礼拝によってお祝いする日です。

2015年のスケジュール



■「クリスマス礼拝


12月20日午前10時30分
  神の御子の御誕生

※キリストの生誕とクリスマスの意義を知りましょう。


■「クリスマス燭火礼拝

12月24日(木)午後7時00分〜   
《暗闇を照らす光》                                              ※ろうそくの光の中で、讃美歌に耳を傾けながら・



2015クリスマス


どなたでも参加することができます。気軽にお出かけください。



 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2007年12月24日(月)の夜は燭火礼拝(キャンドルサービス)を行いました。 この燭火礼拝後、キャロリング(近隣の街角や信者宅の前で讃美歌を歌ってクリスマスのお祝いをします。)を行います。
クリスマス燭火礼拝?



クリスマス燭火礼拝?


クリスマス燭火礼拝?

クリスマス燭火礼拝?


クリスマス燭火礼拝?

クリスマス燭火礼拝?


クリスマス燭火礼拝?

クリスマス燭火礼拝?


クリスマス燭火礼拝?

クリスマス燭火礼拝?


クリスマスキャロリング?

クリスマスキャロリング?


クリスマスキャロリング?

クリスマスキャロリング?




2007年は12月23日(日)にクリスマス礼拝・祝会を行いました。 
クリスマス祝会2008?

クリスマス祝会?聖歌隊讃美


クリスマス祝会2008?

クリスマス祝会?


クリスマス祝会2008?

クリスマス祝会?ゲーム


クリスマス祝会2008?

クリスマス祝会?ゲーム


クリスマス祝会2008?

クリスマス祝会?全員で讃美


☆茨木四教会(茨木・茨木東・茨木春日丘・千里丘)による、合同キャロリングが行われます。 2007年は、12月9日(日)に千里丘駅、茨木マイカル、茨木東駅等でクリスマスの讃美歌を歌いお祝いしました。



合同キャロリング2007?

茨木四教会合同キャロリング(JR千里丘駅にて)


合同キャロリング2007?

茨木四教会合同キャロリング(茨木駅にて)


合同キャロリング2007?

茨木四教会合同キャロリング(茨木マイカルにて)